大会プログラム

令和元年度日本サーモロジー学会第36回大会(東京)プログラム
2019年9月7日(土)早稲田大学 大隈記念タワー

開会の辞

■9:00
宮崎正己(早稲田大学 人間科学部 教授)

International Session   

■9:05-10:15
[司会]臼杵 尚志 (香川大学医学部附属病院手術部 部長)

1.Reference standard temperature data of normal Korean extremities 

Ho Yeol Zhang 
Neurosurgery, National Health Insurance Service Ilsan Hospital, Yonsei University College of Medicine

2.High-Temperature Patient Classification of Infrared Thermal Imaging with Machine Learning Method

Dong Wook Kim
Research Institute NHIS Ilsan Hospital

3.Usefulness of infrared thermography for early detection of mastitis in dairy cows

Su Min Kim
Instituteof Equine Science, College of Veterinary Medicine, Kyungpook National University

4.Establishment of standard temperature and hoof abscess using thermography in horse

Gil Jae Cho
Instituteof Equine Science, College of Veterinary Medicine, Kyungpook National University

教臨床熱画像検査法講習会(Development Course)

■10:20―11:20
[司会]坂口 俊二(関西医療大学大学院保健医療学部 教授)

「東京2020オリンピック・パラリンピック大会に向けたサーモグラフィの活用」
宮本 俊和(有明医療大学 客員教授)

一般演題

■11:30-12:00
[座長]平野 勝介(平野いたみのクリニック)

1. ハンドマッサージによるリラクセーション効果の検証―高齢者を対象として―
佐藤 郁代(奈良学園大学、関西大学大学院)


2.携帯型サーモグラフィを利用した熱伝導モデルによる検討
沖田 美世乃(筑波大学理療科教員養成施設)

 ■13:00-13:30  大会総会

大会長講演

■13:40-15:40
[司会]布施 恭一(フィールド工学研究所) 

サーモロジーの近未来
宮崎 正己
(早稲田大学 人間科学部 教授)

特別講演1.ペクトルカメラによる鼓吹 
上野 宗一郎
(Weaving Future Technology

特別公演2.健康・臨床研究分野での非侵襲検査の活用の可能性について
植竹 達雄
(株式会社CXウエルネス)

特別講演3. サーモによるdeep learning
渡邉  巌
(関西電機工業)

授賞式・受賞講演

15:40 -16:30[司会]三宅   仁(悠遊健康村病院)

学術奨励賞 -原著論文賞-

「ノルディック杖歩行による足趾血流改善作用」
渡部 一郎(青森県立保健大学理学療法学科)

学術奨励賞-若手研究賞-

「サーモグラフィを活用した表在静脈の描出に関する基礎的検討」
中村 友樹(岡山県立大学大学院保健福祉学研究科)

閉会の辞

16:30  

宮崎 正己(早稲田大学 人間科学部 教授)

Hands on Course   

16:40-17:10  

坂口 俊二 (関西医療大学大学院保健医療学部 教授

懇親会

17:30-  戸山キャンパス・カフェテリア